aromatherapy house LENEZ
嗅覚反応分析でなりたい自分への一歩を
アロマテラピー

あなたは食欲?読書?スポーツの秋?それぞれにおすすめのアロマテラピー

秋といえば‥皆さんは何をイメージしますか?

食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋‥。秋は楽しみ方がたくさんありますね^^

今回はそんな楽しみを、さらにより良い時間にするためにおすすめなアロマテラピーをご紹介します!

食べ過ぎたときに役立つアロマテラピー

美味しい食べ物が増える秋…ついつい食べ過ぎてしまいませんか?

美味しいものを食べる時間はとっても幸せですよね^^私はこの時間が大好きです。笑

でも食べ過ぎて苦しい・お腹が重くて寝付けない‥。そうなるとしんどいですよね(><)

そんな時におすすめな精油の持つ働きを2つご紹介!

消化を促進してくれる精油

①消化促進作用 のある精油!

バジル、レモングラス、マンダリン、ベルガモット 他

消化器官の働きを促進させる作用が期待できる精油です。

重たくて消化が進まないお腹を楽にしたい時に役立ちます

お腹のガス溜まりを楽にしてくれる精油

②駆風作用 のある精油

クローブ、ジンジャー、タラゴン、ペパーミント 他

腸内に溜まったガスを排泄させる作用のある精油です。

ガス溜まりでお腹が苦しい時に優しくお腹をマッサージしてお使いください

食べ過ぎたに役立つ精油の使い方!

上記でご紹介した精油数種類+植物油(ホホバオイルなど)を希釈します。

10mlの植物油の場合は、精油を10滴。

これを胃やお腹の周辺に塗ると、精油の持つ作用が不快感の軽減に役立ちます!

※比較的高濃度のレシピなので肌の敏感な方、体調に不安のある方はお控えください

※精油を皮膚塗布で使用する場合は精油の禁忌、品質、精油・植物油が酸化していないか、などを確認する事が重要です。

また、

  • 普段からつい食べ過ぎてしまう人
  • 食欲のコントロールがうまくできない人
  • 消化不良を起こしやすい人

こういった方はご自身の心身のバランスの崩れから、不快な症状が起こりやすくなっているのかもしれません。

嗅覚反応分析ではご自身の心身の状態をグラフにして、バランスの偏り、自分自身の整え方、自分の状態に合っている精油なども知ることができます。

嗅覚反応分析を活用して不調の改善や状態を整えたい方はお気軽にお声がけください(⌒∇⌒)

次に、

より集中して読書したい時におすすめなアロマテラピー

精油は香りを嗅ぐだけでも得られる効果がたくさんあります。

読書中は、好きな香りを焚いてリラックスした空間を演出するのがおすすめですが、

脳を活性化させる香りを嗅ぐことでより高い集中力を発揮、維持できるのではないかと思います♪

読書時間におすすめなのは

ローズマリーシネオール、レモン、ペパーミント精油

ディフューザーやアロマストーン・もしくはティッシュなどに精油を数滴垂らして広がる香りを楽しみながら読書してみてください♩

最後は、

スポーツの前後に役立つアロマテラピー

汗を流すと体だけでなく心もスッキリしますよね!

運動の習慣がある人とは違い、普段なかなか運動をする習慣がない人・体を動かすのが苦手な人は運動が心身に良い影響があると分かっていても、運動する前は重い腰がなかなか上がらない‥ってことありませんか?(私のことです‥)

そんな時は体の活力や、やる気を高めてくれる香りでまずは、やる気スイッチをオンに!

スポーツ前のやる気を高めてくれる精油

おすすめは活力増強作用のある精油!

ユーカリラディアタ、ローレル 他

体に活力を与えてくれる働きのある精油です。

嗅覚反応分析士の独り言

嗅覚反応分析士の目線で考てみると、

嗅覚反応分析のグラフの右下は交感神経領域を表しています。

交感神経は活動するためのエンジンをONにして、体を活動モードな状態へと切り替えてくれます。

つまり右下を伸ばす精油は交感神経の働きの促進が期待できるのではないか、と考えらるので体のやる気を高めるのにも活用できるでしょう(⌒∇⌒)

おすすめは ラヴィンツァラやティートゥリー、ブラックスプルース精油

この精油を香る、だけでは弱い!ので植物油と希釈したものを腰に塗布します!

すると…なんだかやる気が湧いてくる…そんな体験があなたを待っているかもしれません…!!

スポーツ後におすすめなアロマテラピー

ずばり!スポーツ後におすすめなのは、アロママッサージ!

疲労した筋肉を優しいタッチでマッサージして労わってあげましょう♪

筋肉の緊張を和らげる精油

おすすめは①筋肉弛緩作用 のある精油!

ローズマリーカンファー、ラベンダー 他

文字通り、筋肉の緊張を和らげる作用のある精油です。

リラックスモードへと切り替えてくれる精油

②血管拡張作用 のある精油!

レモングラス、ウィンターグリーン 他

血管を拡張させる作用のある精油です。

運動で交感神経が高まっている状態から、徐々に体の休息を司る副交感神経へと切り替えていきましょう。

おすすめの使い方はこちら!

上記の精油と植物油(ホホバオイルなど)を希釈します。

広範囲に塗布するアロママッサージの際は、濃度は3%ほどがおすすめなので、10mlの植物油には精油を6滴。

背中や足などに塗布して頑張った体を労ってあげてください。

最後に、もっとアロマテラピーを活用していきたい!そんな方に

アロマテラピーは、目的や求める効果によってもさまざまな使い方・楽しみ方ができます。

  • こういう時には、どんな精油がいいの?
  • 人によって使っちゃいけいない精油ってどんな精油?
  • 今の自分に合ってるものを知りたい!
  • それぞれ効果的なアロマテラピーの使い方が知りたい!

そんな方にはアロマテラピーがまるっと学べる嗅覚反応分析士入門講座がおすすめです☺︎

一緒に楽しく学んで日々の暮らしにアロマを取り入れられるようになりませんか?

ご希望に沿って講座の日程や時間を調整し、無理のないペースで学んでいただけます。

どうぞお気軽にお問い合わせください♩